編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

EMC、従来比4倍の容量を持つ大規模ストレージ製品を発売へ

Alorie Gilbert(CNET News.com)

2005-07-27 00:00

 EMCは米国時間25日(現地時間)、現行の最上位モデルの約4倍近い容量を持つ新しいストレージシステムの計画を明らかにした。

 「Symmetrix DMX-3」というこの新製品は、960個のハードディスクに最大288テラバイトまでデータを保存可能で、最大560個のハードディスクを搭載できる現行モデルの性能を大きく上回る。さらに、今年末までには、単一のストレージシステムに2000個以上のハードディスクを搭載し、最大で1ペタバイトのデータを記録できるようになると、同社は説明している。

 1ペタバイトは1000テラバイトを若干上回る要領で、音楽ファイルなら約2億5000万曲、通話記録であれば2兆回分を保存できると、EMCのTom Joyce(ストレージプラットフォームマーケティング担当バイスプレジデント)は述べている。

 新製品は9月にも出荷される予定で、銀行、電話会社、航空予約システムといった大規模なストレージを必要とする企業向けに販売されると、Joyceは説明する。これらの大企業では、Symmetrix DMX-3を使うことで、複数のストレージを1台にまとめることができ、結果としてコスト削減につながるという。

 EMCによれば、同社の平均的なユーザーの場合、ストレージに溜め込むデータが1年間で最大60%も増加しているという。Joyceは、こうした大幅なデータの増加について、企業にデータの保管を義務付ける、いわゆる「Sarbanes-Oxley Act」という米政府の規定によるものだとしている。また、別の要素としては、ディスクストレージの価格下落と、低価格なファイバチャネル(FC)対応ハードディスクの出現が挙げられる。これにより、企業は従来よりもさらに多くのデータを保存し、分類する方法を手にすることになる。

 EMCはFCベースのハードディスクをSymmetrixに組み入れる予定だ。同製品はまた、前世代の製品の2倍の数のプロセッサと、より高速なI/Oインターフェイスを搭載しているとJoyceは説明する。

 Symmetrixを含むEMCのDMX-3の価格は25万ドルからとなる。さらに、最も先進的な機能を搭載し、最大容量のストレージスペースを持たせた場合、価格は数百万ドル程度になる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]