編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立ソフト、秘文の新バージョンを発売--USBメモリのデータ持ち出しに対応

エースラッシュ

2005-08-30 18:50

 日立ソフトウェアエンジニアリングは、情報漏えい防止ソリューション「秘文」の新バージョンであるVer.7.5を8月31日より販売する。

 秘文は情報資産の漏洩対策を中心とした「AEシリーズ」と、セキュリティ対策の継続的な運用・管理、監査を実行する「MEシリーズ」の2つからなる。Ver.7.5では、USBメモリに保存するデータを暗号化し、USBメモリ内でのみ編集可能にした「秘文AE CopyGuard」、秘文クライアントPCの認証で、指静脈認証システム「静紋」、FeliCa、FOMA認証をサポートするソフトウェア「秘文AE Authentication」をAEシリーズに追加した。

 またMEシリーズには、PC上のファイルをスキャンして個人情報と思われるデータが含まれているか監査する「秘文ME SI Scan Option」、各秘文製品のログを統合的に収集・管理する「秘文ME Log Manager」などを追加している。

 秘文シリーズはこれまでに150万ライセンスを出荷している。同社では今回のラインアップ強化により、2005年度末までに累計200万ライセンスの販売を目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]