編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「MS Access」から「Oracle Database」へ--日本オラクルがデータ移行を無償診断

ニューズフロント

2005-09-27 21:12

 日本オラクルは9月27日、マイクロソフトのデータベースソフト「Access」から「Oracle Database」へのデータ移行手順を無償で診断するサービスについて発表した。移行を検討している顧客を対象とする。

 このサービスは、同社がAccessからOracle Databaseの移行について調査し、手順と結果を顧客に報告するもの。同社が顧客のAccessファイルを預かり、同社内で移行ツール「Oracle Migration Workbench」を使って移行作業を実施する。これにより、問題なく移行できるかどうか確認するとともに、問題がある場合には解決策を検討、提案する。

オラクルによると、このサービスで「顧客は、移行作業における問題発生リスクを回避し、作業工数を大幅に削減できるメリットがある」述べている。

 サービスにかかわる作業は、同社のオンライン営業拠点である「オラクル・ダイレクト」で実施する。診断結果は、Accessファイル受領してから10営業日ほどで受け取れる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]