編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

リバティ・アライアンス、ID-WSF 2.0の2次リリースでピープルサービスを追加

CNET Japan Staff

2005-12-09 18:19

 リバティ・アライアンス・プロジェクトは12月5日、アイデンティティベースWebサービス向けのオープンなフレームワーク「ID-WSF 2.0」の最新バージョンをリリースしたことを発表した。ID-WSF 2.0フレームワークのアップデートは3回実施される予定で、今回のリリースは2回目となる。

 このリリースでリバティ・アライアンスのWebサービスは、SAML 2.0やWS-Addressingなどの規格をサポートし、各種のソーシャルアプリケーションをユーザーが管理できる新しいソーシャルネットワークレイヤーを追加した。

 リリースの主要コンポーネントとなるのが、「Liberty ID-WSF People Service(ピープルサービス)」。オープンな連携ネットワーク環境下でソーシャル情報を管理する総合的なプラットフォームとして機能する。

 ユーザーは、ブックマーク、ブログ、カレンダー、写真共有、インスタントメッセージングなどのソーシャルアプリケーションをID-WSF 2.0フレームワークの共通レイヤーから管理できるようになる。

 これにより、複数のソーシャルネットワークアプリケーションを同一のレイヤー上で連携させ、プライバシーポリシーの統一や情報共有を容易にするなどの効果が期待できる。また、リバティが策定するほかの位置情報、コンタクトブック、プレゼンスといったWebサービスの各種アプリケーションとも連携できる。

 またID-WSF 2.0では、SAML 2.0のアサーションがセキュリティトークンとして使用可能になった。WS-Addressingを実装し、登録と通知(Subscription & Notification)機能も実装、アイデンティティトークンも提供される。

 3回目のリリースとなるID-WSF 2.0の最終バージョンは2006年上半期にリリースされる予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]