編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マカフィーなど5社、スパイウェアサンプルとテスト方法の業界標準決定で協力

CNET Japan Staff

2006-02-01 06:09

 McAfeeは1月31日、シマンテック、トレンドマイクロ、ICSA Labs、Thompson Cyber Security Labsのセキュリティ関連4社とスパイウェアの識別/テストの標準メソッドの作成に向けて合意したことを発表した。

 McAfeeでは、スパイウェアの識別/テストの標準メソッドが作成されると、企業ユーザーおよび個人ユーザーは、標準化された第3者の評価基準に基づく製品レビューと、検知/テスト環境における共通の標準サンプルを参考にできるため、客観的にスパイウェア対策製品を選択できるようになるとしている。

 5社は、Anti-Spyware Coalition(ASC)が設定する定義を使用し、ASCと共同で研究ツールのガイドラインを策定する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]