編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

AMD、インテルの「Itanium」設計者を引き抜き

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-03-30 17:06

 Advanced Micro Devices(AMD)は、Intelの「Itanium」プロセッサを手がけた優秀な設計者Samuel Naffziger氏と、コロラド州フォートコリンズの研究所に勤めていたNaffziger氏の同僚8名を雇用した。

 Naffziger氏は、Intelでフェローを務める50人のうちの1人で、Itaniumの回路や技術をディレクターとして担当してきた。同氏はIntelがHewlett-Packard(HP)からItaniumの設計者を雇用した2005年にIntelに入社した。HPでは8年間にわたりItanium設計チームの陣頭指揮を執った。

 AMDの広報担当Phil Hughes氏によると、Naffziger氏は同社でシニアフェローとしてデザイン開発に取り組む予定だと述べたものの、Naffziger氏と他のItanium設計者8名が今後取り組む開発の内容についてはコメントを避けた。AMDはフォートコリンズからそう遠くないロングモントに設計センターを持っている。

 Naffziger氏はItaniumラインの優秀な設計者というだけでなく、製品開発における中心的役割も担っていた。同氏は「国際固体素子回路会議」(International Solid State Circuits Conference)でItaniumの2つの主要モデル(2002年の「McKinley」そして2005年の「Montecito」)を披露している。

 Naffzigerの移籍はReal World Technologies」により報じられた。

 IntelはItaniumに関していくつかの問題を抱えている。例えば、3月に入りIntelのサーバ担当幹部Pat Gelsinger氏が、2005年から2006年第2四半期にMontecitoのリリースを延期したことについて、「困惑した事態」であると述べている。しかしIntelやHPをはじめとするItanium支持企業は、依然としてItaniumに期待を寄せており、Itaniumの立て直しに100億ドルを投入する計画を立てている。Gelsinger氏によると、その資金の一部はItaniumエンジニアスタッフの拡充にあてる予定だと言う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]