編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

レッドハットとアシスト、Red Hat Enterprise Linuxの研修サービスで提携

ニューズフロント

2006-04-12 16:49

 レッドハットとアシストは4月12日、企業向けLinux製品「Red Hat Enterprise Linux」の研修サービスに関して提携すると発表した。アシストは同日より、Red Hat Enterprise Linuxのユーザー向けに実習形式のトレーニングを提供する。また併せて「Red Hat Certified Engineer(RHCE)」「Red Hat Certified Technician(RHCT)」といったレッドハットの認定資格の試験を請け負う。

 資格取得者の増加を通じ、Red Hat Enterprise Linuxの利用促進と、ユーザーのLinuxスキル向上を目指すとしている。

 RHCEは、Red Hat Enterprise Linuxをベースにしたサーバシステムの技術者および管理者に向けた認定資格。LinuxやそのほかUNIXシステムの開発、運用に関して高度な知識を持つ人を対象にする。RHCTはその前段階にあたる資格で、RHCE取得者が構築したネットワークアプリケーションの管理者を対象とする。

 アシストでは、RHCEの取得希望者向けに「RH300:Red Hat Linux RHCE速習エキスパートコース+RHCE認定試験」を用意。Red Hat Enterprise Linuxシステムのハードウェア/ソフトウェア設定をはじめ、セキュリティ設定、トラブルシューティング、システム管理などのトレーニングを実施する。

 RHCTの取得希望者には「RH133:Red Hat Linuxシステム管理コース+RHCT認定試験」を提供する。システム管理に重点を置き、既存のネットワークにワークステーションを接続して設定できるレベルまでトレーニングする。

 いずれも受講者を対象に認定試験を行う。料金はそれぞれ34万6500円と29万9250円。アシストでは今後、RHCE取得者を対象にした最上位の認定資格「Red Hat Certified Architect(RHCA)」向けのトレーニングサービスも提供するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]