編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NECエレ、携帯機器向けミドルウェア開発キットを提供開始

ニューズフロント

2006-05-08 16:33

 NECエレクトロニクスは5月8日、半導体ソリューションプラットフォーム「platformOViA」(オーヴィア)対応の携帯機器向けとして、ミドルウェア開発キット「パートナー向けplatformOViA携帯基本パッケージ」をパートナ企業に提供開始した。

 オーヴィアは、NECエレクトロニクスが、携帯機器、デジタルAV機器、車載情報システムなどの分野ごとに最適化したシステムLSIと基本ソフト、ミドルウェアなどを開発、統合、供給するソリューション製品。提供開始したミドルウェア開発キットを利用すると、Linux環境でオーヴィア対応ミドルウェアの動作検証が行える。

 同キットは、NECエレクトロニクスのSIP「MP211 SIP」が搭載された評価用ボードと各種Linuxデバイスドライバ、マルチメディア処理ソフト「OViA Media Framework」、米MontaVista SoftwareのLinuxプラットフォーム開発パッケージ「Mobilinux4.0 ARMv5 PDK」などで構成する。これにより、メディアプレイヤー機能、テレビ電話機能、地上デジタル放送の受信機能などを実現するミドルウェアの評価や開発が、Linux上で可能となる。

 NECエレクトロニクスは、同開発キットによるミドルウェア開発を支援する施設「互換性テストラボ」を神奈川県川崎市に開設するほか、パートナー向けセミナー「トレーニングプログラム」を提供していく。同開発キットは、東京ビッグサイトで5月31日から6月2日に開催されるLinuxWorld Expo/Tokyo 2006と、6月28日から30日に開催される第9回組込みシステム開発技術展(ESEC)に出展する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]