編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ノベルのアジア太平洋地域、アライアンス担当副社長に平野正信氏を任命

CNET Japan Staff

2006-05-23 18:07

 Novellのアジア太平洋地域は5月22日、同地域におけるパートナやアライアンス活動を率いるために新設されたアジア太平洋地域アライアンス担当副社長の役職に、平野正信氏を任命したことを発表した。同氏は、アジア太平洋地域担当プレジデントであるBill Hewitt氏の直属の部下となる。

 平野氏は、1975年に日本および米国のIBMでエンジニアとしてIT業界での経歴をスタート。その後、リアルタイム組み込みUNIX OSの新興企業である日本ベンチャーコムの社長を務め、ハイペリオン、レッドハットの日本法人の社長兼北アジア担当ゼネラルマネージャなどを経験している。

 直近では、オープンソース・ディベロップメント・ラボラトリ(OSDL)のアジア地域ディレクターを務めていた。OSDLは、エンタープライズにおけるLinuxの普及促進に注力しているグローバルなコンソーシアム。今後は、Novellの代表としてOSDLとも密接に連携していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]