編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フォトレポート:「mySAP All-in-One」でF1マシンの部品に関わるライフサイクル管理を最適化したマクラーレン

山下竜大(編集部)

2006-10-08 03:29

 10月6日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)においてフォーミュラーワン(F1)世界選手権の2006年シリーズ第17戦、日本グランプリが開幕した。F1世界選手権に参戦するウェスト・マクラーレン・メルセデス・レーシング・チーム(マクラーレン)は、2001年よりスポンサードしているSAP AGのソリューションを活用することで、2006年シリーズを戦っている。
 10月6日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)においてフォーミュラーワン(F1)世界選手権の2006年シリーズ第17戦、日本グランプリが開幕した。F1世界選手権に参戦するウェスト・マクラーレン・メルセデス・レーシング・チーム(マクラーレン)は、2001年よりスポンサードしているSAP AGのソリューションを活用することで、2006年シリーズを戦っている。

 10月6日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)においてフォーミュラーワン(F1)世界選手権の2006年シリーズ第17戦、日本グランプリが開幕した。F1世界選手権に参戦するウェスト・マクラーレン・メルセデス・レーシング・チーム(マクラーレン)は、2001年よりスポンサードしているSAP AGのソリューションを活用することで、2006年シリーズを戦っている。

 2006年のF1世界選手権は、全19戦を中1週、または中2週で転戦する。各チームは、この期間内に前のレースで発生した問題を解決し、次のレースに備えなければならない。そのためには、もはやコンピュータや最新テクノロジを使用することは不可欠になっている。マクラーレンでは、今年使用しているF1マシン「MP4-21」に搭載している新しいV8エンジンの開発に、SAPの中堅企業向けのソリューション「mySAP All-in-One」を活用している。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]