編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

HP、Opteron搭載薄型サーバ「ProLiant DL365」を発売

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-11-17 13:08

 Hewlett-Packard(HP)が、Advanced Micro Devices(AMD)の「Opteron」プロセッサを搭載したデュアルプロセッササーバを発売した。このシステムは、業務処理向けに信頼性を高めた仕様をスリムなデザインにまとめている。

 「ProLiant DL365」は高さ1.75インチ(約4.45cm)で、HPが2004年に発売した「DL145」に近い。しかし、DL365にはリモート管理機能のほか、予備の冷却ファンや電源が搭載され、ハードウェア障害に対処できるようになっている。

 HPは、同システムの出荷をまだ開始していないが、今週から自社サイトで注文を受け付けている。2.6GHzのシングルプロセッサ、1Gバイトのメモリという構成のモデルは4311ドルで、11月23日に出荷が開始される。一方、1.8GHzのOpteronと1Gバイトのメモリを搭載したモデルの方は2319ドルで、12月4日に出荷が開始される。

 コンピュータやプリンタを製造する同社は、Intelの「Xeon」やAMDのOpteronなどのx86プロセッサを搭載したサーバのトップベンダー。HPでは、DL365と同等の性能を持つXeonベースの「DL360」を数年前から販売している。

 HPは今週、さらに「ProLiant DL320」シリーズも発売した。同システムはストレージに重点が置かれ、高さは3.5インチ(約8.89cm)でXeonプロセッサがシングルで搭載されている。ストレージベイは12基あり、最大9テラバイトの容量を確保できる。同システムの価格はドライブ未搭載モデルで2699ドルから。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]