企業におけるWeb 2.0実態調査--「CFOが理解してくれない」

藤本京子(編集部) 2007年02月14日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国サンディエゴにて開催されたFAST Search & Transfer主催のイベント「FASTforward 07」では、Web 2.0にフォーカスした講演が数多く行われた。その中で、英Economist Gourpの調査部門、EIU(Economist Intelligence Unit)が実施した、企業におけるWeb 2.0の実態調査についてレポートしたい。

 この調査は、様々な業界や国のシニアエグゼクティブ以上406人を対象に行われた。うち、41%は、CEOやCOOなど、役職に「Chief」と名の付く役員だ。

Borzo氏 調査結果を発表するEIUの寄稿編集者Jeanette Borzo氏

 調査結果を発表するために壇上に上がったのは、EIUの寄稿編集者Jeanette Borzo氏だ。同氏はまず、「多くのエグゼクティブがWeb 2.0について認識しており、収益アップやコスト削減に結びつくと考えている。ただし、Web 2.0の詳細については、知識に幅がある」と述べた。

 つまり、半数以上がWeb 2.0の三種の神器として、CGC(Consumer Generated Content)、コラボレーション、ソーシャルネットワーキングが必要だということは理解しているものの、「タグ付けが大衆の知恵を集約するために役立つとわかっていたのは全体の39%に過ぎず、ネットワークの効果を生かすアプリケーションがWeb 2.0アプリケーションだと認識していたのは全体の3分の1に過ぎなかった」とBorzo氏は指摘する。

 特に、役職にChiefのつくクラスでは、「CFO(最高財務責任者)を除き、中間管理職よりもWeb 2.0に対する理解度は深い」とBorzo氏。また、職種ではITやセールス、マーケティング部門が、総務、経理、物流、法務部門などより知識が豊富で、業界別に見るとIT、通信、メディア、エンターテインメント、出版業界などが、メーカーや科学、政府、小売業界などより知識があるとしている。

 では、企業にWeb 2.0を導入するにあたって障壁となっているのはどういった点なのだろうか。Borzo氏は、トップのサポートが欠如していることや、CFOがWeb 2.0に対して消極的なこと、ツールにばかり目を取られ、ネットワークの効果について忘れがちなことなどを挙げる。

 「CFOが消極的なのは、Web 2.0が本当に収益に結びつくのか懐疑的になっているためだ。また、IT部門にWeb 2.0に必要なスキルがない一方で、新たに人を雇う予算もないことが原因だろう」(Borzo氏)

 一方、既にWeb 2.0を企業に取り入れているアーリーアダプターは、どういった活用をしているのだろうか。現時点では、ブログやWikiの利用率が32.5%、SNSなどのコミュニティを活用しているのは31.08%だが、マッシュアップやRSSを活用している企業はそれぞれ21.5%、20.8%とそれほど高くない。しかし、今後2年の間に導入を考えている企業は、マッシュアップが42%、RSSが33.58%と高い比率になっている。

 実際にWeb 2.0を導入している例としてBorzo氏は、「Procter & Gambleでは『Capessa』という女性向けコミュニティを形成しているほか、通信企業のGlobal Crossingではブログを使って顧客からのフィードバックを得ている。また、Citigroupでは専門用語や手続きが複雑なプロジェクトを支援するツールとしてWikiを使っている」と話す。

 Borzo氏は、Web 2.0の導入を成功させるためのアドバイスとして、「CFOが理解してくれない場合、リスクと利点を含めた事例を示して説明すべきだろう。また、この分野は常に新しい技術が入ってくるため、ジェネレーションギャップが起こりやすいが、こうしたギャップを埋める努力をしなくてはならない。IT部門の技術が不十分で新しく人を雇えない場合は、外部の力を借りるべきだ」としている。

 また、「流行に流されないよう注意せよ」と忠告しつつも、「もしWeb 2.0なんて関係ないと思っているのであれば、もう一度考えなおした方がよい。12歳から70歳のアメリカ人のうち、70%はインターネットを利用しているのだ。こうした顧客を取り込むためにどうすればいいのか、よく考えたほうがいいだろう」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化