モジラ幹部:「バグハンターがプロセス掌握」--脆弱性「責任ある開示」で発言

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年03月26日 12時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン発--こと脆弱性の開示に関しては、ソフトウェアメーカー各社はバグハンターらのなすがままである、とMozillaのセキュリティ担当トップが米国時間3月24日に語った。

 ソフトウェア業界は、脆弱性の開示に関するガイドラインを何年も前から推進してきた。Mozillaのセキュリティ部門トップWindow Snyder氏は、当地で開催のハッカー関連イベント「ShmooCon」のパネルディスカッションで、これらの「責任ある開示」活動はある程度成果をあげてきたが、そのプロセスはセキュリティ研究者に完全に掌握されている、と語った。

 「研究者がすべての実権を握っている。彼らは、開示時期や、ベンダー対応のタイミングについての考えまでもコントロールしている」とSnyder氏は語っている。

 脆弱性の詳細公表は何年も前から熱く議論されてきた。ソフトウェア業界は、バグの私的開示と公開前の修正時間確保を研究者に提唱し、このような手法を責任ある開示と呼んでいる。何よりも、早期の公表は犯罪者のサイバー攻撃と、それによるベンダーの評判低下を助長するためだ。

 一方、業界のガイドラインに従うセキュリティ研究者は、ソフトウェアメーカー各社から反応がないことにいら立ちを多々感じている。そのほか頻繁に批判されるのが、パッチがリリースされるまでにかかる時間と、問題を発見した研究者がセキュリティ警告のなかで功績を認められるまでにかかる時間だ。

 Microsoft出身のSnyder氏は、「ベンダーには、報告に対して何らかの対応を取る大きな責任がある」と語っている。

 しかし、だれもがこの責任ある開示を受け入れているわけではない。パネルディスカッションに参加したセキュリティソフトウェアベンダーImmunityのDave Aitel氏によると、これはソフトウェアメーカーが仕掛けるわなだという。同氏は、「責任ある開示はマーケティング用語にすぎない。責任ある開示は、Microsoftなどの大手ベンダー各社に都合よくなっている。彼らはこのプロセスをコントロールしようとしている」と語っている。

 Aitel氏はバグハンターらに対し、ベンダーに脆弱性を公表する代わりに、自分たちに情報を売って欲しい、と呼びかけた。Immunityは、セキュリティの脆弱性に関する詳細を提供するバグハンターらに情報料を支払い、それをコンピュータやネットワークへの侵入に利用可能な侵入テストツールなどの自社製品に活用している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化