編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アシスト、Oracleデータベース稼働状況の「見える化」サービスを本格的に提供開始

CNET Japan Staff

2007-04-02 22:18

 アシストは4月2日、「Oracle Database」の稼働状況を自動的に診断しレポートを出力するポータルサイト「パフォーマンス・セラピーの機能を拡張し、有償サービスとして正式に提供を開始した。同サービスは、2006年9月28日より試験的に提供されていた。

 パフォーマンス・セラピーは、Oracle標準のパフォーマンス分析ツール「Statspackレポート」に含まれる各種パフォーマンス関連情報に加え、アシストがこれまでOracleユーザのサポートで培ったノウハウをもとに、Oracleデータベースの利用状況や傾向をウェブ上で視覚的に把握できるサービス。特別無料トライアルキャンペーンの開始から現在までに、250を超えるインスタンス数が登録されている。

 今回、パフォーマンス・セラピーの機能であるStatspackレポートからのOracleパフォーマンス診断、同業種/業態と自社との比較機能に加え、自社と他社の初期化パラメータを比較できる「初期化パラメータナビ」、利用者/データベース規模ごとに他社のハードウェア要件を参照できる「構築ナビ」などの新機能を追加した。

 会員登録後1カ月は無償試使用が可能で、それ以降は年会費9万円(1インスタンス/年)でサービスを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]