編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

静的ソースコード解析の米コベリティ、日本での販売活動を開始

CNET Japan Staff

2007-04-18 18:55

 米Coverityは4月18日、日本市場で本格的に販売活動を開始することを発表した。

 同社製品は、ソフトの欠陥、セキュリティの脆弱性を特定するソースコード解析ツール。米Stanford大学の研究成果をベースにしている。

 コンパイル時に、C、C++、Java言語のバグ、不具合を検知し、ソフトの欠陥、セキュリティの脆弱性を特定できるという。中核製品の「Coverity Prevent」と、特定のバグに強いオプションの「Coverity Extend」がある。

 同社の解析ツールは現在、すでに世界235社の企業に導入されており、日本ではNTTドコモが携帯組み込み開発で、効率的で的確なバグ・不具合の発見に活用しているという。

 今回の国内展開にあたり、同社は豊通エレクトロニクスと提携。自動車業界向けに同社製品の販売および製品サポートを開始する。既存パートナーのベリサーブが提供するソースコード品質改善サービスも引き続き提供される。

 9月には日本オフィスの開設も予定している。今後1年間で6億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]