編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

BBSec、ソースコード脆弱性検査サービスを開始--5万種類以上の脆弱性ノウハウを応用

CNET Japan Staff

2006-10-23 22:21

 ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は10月20日、フォーティファイ・ソフトウェアと販売代理店契約を締結し、日本市場で同社製ソフトウェアの販売を開始するとともに、同社のソースコードセキュリティ対策ソフトウェアを使ったソースコード脆弱性検査サービスを開始すると発表した。

 今回の発表で同社は、システムをソースコードレベルで解析し、脆弱性を検査するサービスを開始する。サービスを利用すれば、システムの耐セキュリティ性、可用性の向上を図ることができるという。

 対応するのは、C/C++、Java、JSP、C#、.NET、PL/SQL、TSQL、XML。5万種類以上の脆弱性ノウハウを利用するという。

 11月1日よりサービスを開始する。価格は100万円から。初年度3000万円、次年度6000万円のサービス売り上げを目指す。ソフトウェア販売の売り上げ目標は明らかにしていない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]