編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

STNとマカフィー、業界初の監視・診断一体の不正アクセス防止サービス

WebBCN (BCN)

2006-02-10 11:26

 セコムトラストネット(STN、西村達之社長)は、マカフィー(加藤孝博社 長)と提携し、業界初となる監視と診断を一体化した不正アクセス防止サービ ス「セコム不正侵入検知/予防サービス」を開始すると発表した。

 新サービスは、STNが提供するWebサイトの脆弱性診断、24時間監視サービス とマカフィーの不正侵入防止製品「McAfee IntruShield」を組み合わせた。 「センサー」と呼ばれる監視機器を利用企業のサーバーと接続、機器からの情 報をSTNのセンターで監視して不正アクセスを防止する。ネットワーク環境の ヒアリングからセンサーの設置、24時間の監視や緊急時の連絡まですべてSTN が行う。

 不正アクセスを検知した場合には、ユーザーと事前に決めたポリシーに基づ いて接続の遮断・防御を行う。危険度が極めて高い不正侵入の場合は、即座に ブロックする。また、毎日実施する診断で脆弱性が発見された時には、問題点 の指摘と運用ポリシーに反映させることで導入企業のセキュリティレベルの維 持・向上を図る。

 料金はセンサーが200万円、導入作業が100万円から。月額利用料は25万円か ら。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]