編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

STNとマカフィー、業界初の監視・診断一体の不正アクセス防止サービス

WebBCN (BCN)

2006-02-10 11:26

 セコムトラストネット(STN、西村達之社長)は、マカフィー(加藤孝博社 長)と提携し、業界初となる監視と診断を一体化した不正アクセス防止サービ ス「セコム不正侵入検知/予防サービス」を開始すると発表した。

 新サービスは、STNが提供するWebサイトの脆弱性診断、24時間監視サービス とマカフィーの不正侵入防止製品「McAfee IntruShield」を組み合わせた。 「センサー」と呼ばれる監視機器を利用企業のサーバーと接続、機器からの情 報をSTNのセンターで監視して不正アクセスを防止する。ネットワーク環境の ヒアリングからセンサーの設置、24時間の監視や緊急時の連絡まですべてSTN が行う。

 不正アクセスを検知した場合には、ユーザーと事前に決めたポリシーに基づ いて接続の遮断・防御を行う。危険度が極めて高い不正侵入の場合は、即座に ブロックする。また、毎日実施する診断で脆弱性が発見された時には、問題点 の指摘と運用ポリシーに反映させることで導入企業のセキュリティレベルの維 持・向上を図る。

 料金はセンサーが200万円、導入作業が100万円から。月額利用料は25万円か ら。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  3. コミュニケーション

    マンガで解説、失敗するグループウェア導入の3つの理由とは?導入効果を高める「使いたくなる工夫」

  4. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

  5. コミュニケーション

    機能とコストを徹底比較、ニューノーマル時代の企業を支える最新グループウェア5製品の違いとは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]