編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

エクセルソフト、InfragisticsのWPFアプリケーション開発用コンポーネント

WebBCN (BCN)

2007-04-27 14:25

 エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は4月26日、Infragisticsの次世代WPFアプリケーション開発用のコンポーネント製品「NetAdvantage for WPF 2007 Volume 1」を発売した。

 WPF(Windows Presentation Foundation)のための、データグリッド、カルー セル、エディタなどを含む商用レベルの開発コンポーネント。Windows Vista AeroやOffice 2007などのビジュアルテーマも内蔵する。高解像度のグラフィ ックス、リッチスタイリングとアニメーション、UI統合の仮想化技術など、ピ ュアWPFプラットフォームの特性を活用できる。

 主なコンポーネントは、さまざまなデータソースとバインドすることが可能 な「xamDataGrid」、柔軟性の高いデータレイアウトをコントロールする「xamDataCarousel」、スタンドアロンのエディタまたはxamDataGridに統合して使 用する「xamEditors」、Infragistics Visual Design Groupがデザインした15種類のテーマパック「Theme Packs」など。

 年間サブスクリプション含む価格は「NetAdvantage for WPF 2007 Volume 1 英語版」が4万6515円。「NetAdvantage for WPF 2007 Volume 1 英語版 with Priority Support」が10万5210円。「NetAdvantage for .NET + WPF 2007 Volume 1 英語版」が14万490円。「NetAdvantage for .NET + WPF 2007 Volume 1 英語版 with Priority Support」が19万8660円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]