編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソフトウエア特許で日本企業が600万ドル支払うことに(新着ブログより)

呉井嬢次

2007-06-20 12:11

 既に無効となったGIF特許によって、アクセスは、ユニシスへ600万ドル支払うことをホームページに掲載した(6月18日現在)。ユニシスの持つGIF特許は2004年6月20日に日本で失効しているが、裁判が起こされた2004年9月時点では、未だ効力を持っていたからだ。

 ある日、特許料の支払いを求められたら、どうしますか?その対策せずに経営者は安泰だろうか。

「1キロ先を見通せる目」を持つには

 600万ドルと言えば、TVドラマ「600万ドルの男」を思い出す。昔の子供達にとっては夢のような金額だった(当時の金額に換算すれば、1ドル300円だから18億円)。今では、1ドル123円として計算して、約7億4000万円の支払いとなるが、それでも企業にとって大金だ。それだけに特許が企業に与える影響を軽視するわけにはいかない。

(全文はこちら--「ITセキュリティー下学上達」)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]