編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

コネクトワン、擬似シンクライアント型のリモートアクセスソリューション

WebBCN (BCN)

2007-06-28 11:52

 コネクトワン(吉田晋代表取締役)は6月26日、指紋認証付きUSBメモリを活 用して、一般のPCから社内システムへのアクセス認証が可能なリモートアクセ スソリューションを7月1日に発売すると発表した。価格は、ライセンス料が50ユーザー版で84万円、指紋認証機能付きUSBメモリが1台あたり2万7800円。

 指紋認証付きUSBメモリから読み取った指紋情報で、Microsoft Exchange ServerやIBM Lotus Notesなどの社内システムへのアクセス認証を行い、社外に ある一般のPCから、メールやスケジュールなどの参照・編集を可能とする。

 指紋情報によるアクセス制御機能や、ダウンロードしたデータのPC端末上へ の保存・印刷などを防止する機能を備える。表示したデータをUSBメモリ上に 限って保存・編集できる機能も搭載し、社外でも業務処理を行える。PC以外に、 同一ライセンスで4キャリアの携帯電話からも利用できる。

 同ソリューションを活用することで、指紋情報を利用したアクセス制御でな りすましを防止する。クライアント端末上にデータや利用履歴を残さない仕組 みによって、社内情報が他者に利用されるリスクを最小限に抑えることができ る。個人が保有するPCや外部に設置する公共のPCから業務を行なわなくてはな らない場合でも、シンクライアントシステムと同等のセキュリティレベルを実 現しながら、安全に業務処理を行うことが可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]