編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

megaraid: aborting-164819031 cmd=28 <c=2 t=0 l=0>

OSSメッセージペディア

2007-11-12 11:00

megaraid: aborting-serial_no cmd=scsi_cmd <c=channel t=target l=lun

対処

コントローラやドライブ側で何らかの原因でコマンドの処理が追いつかないため、コントローラからカーネルに対して未送信のSCSIコマンドを取り消すよう通知したと思われる。また、ドライバのバージョンアップが有効と思われる。

説明

MegaRAIDドライバがコントローラよりABORT要求を受け付けたためABORT処理を開始した。この後、既に発行したSCSIコマンドを取り消そうとする。シリアル番号は取り消されたSCSIコマンドを表わす。また、channel,target,lun番号でターゲットデバイスを特定する。ファームウエアに送っていないコマンドが中断処理の対象である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]