編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、セキュリティ対策ソフト「Windows Live OneCare」をパッケージ販売

吉澤亨史

2007-11-29 21:11

 マイクロソフトは11月29日、セキュリティ対策ソフトウェア「Windows Live OneCare」の最新バージョンのパッケージ版を、12月4日から全国の主要な量販店を通じて発売すると発表した。

 Windows Live OneCareは、Windows XP/Vista上で動作する、一般ユーザー向けのセキュリティ対策ソフト。このパッケージ版を、「通常版」「優待版」「パソコン同時購入版」のラインアップで発売する。ソフトは1年間有効となっており、期限を過ぎても使用はできるが最新機能を利用できなくなる。

 同ソフトには、ウイルス対策、スパイウェア対策、双方向ファイアウォール、フィッシング対策といったセキュリティ対策機能のほか、ひとつのパッケージで3台まで利用でき、OneCareサークルにより家庭内の複数のPCを1台で遠隔管理することができる。遠隔管理はセキュリティ対処の診断、セキュリティ設定の強化やデータバックアップ、プリンタの共有などが行える。

 また、PC内のファイルや写真を外部ハードディスクなどに定期的にバックアップする機能や、Windowsの起動高速化やパフォーマンスの向上なども行う。なお、既存のWindows Live OneCareオンラインサービス版(有料)の利用ユーザーには、11月18日以降、順次自動で無料アップグレード版をダウンロードで提供されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]