今後1年で日本市場でもトップになる--MSS市場を牽引するメッセージラボ

渡邉利和 2007年12月19日 17時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1999年に英国で設立された企業、MessageLabs。アンチウイルス技術を、ソフトウェアではなくサービスとして提供した世界初の企業として知られる。英国や米国では、電子メール などを対象としてセキュリティサービスを提供する“マネージドセキュリティサービス”のリーディングカンパニーとして有名だ。日本国内ではまだ知名度がさほど高くないが、その辺りの事情も含め、同社CEOのAdrian Chamberlain氏、同アジアパシフィック担当バイスプレジデント James Scollay氏、メッセージラボ ジャパン代表取締役 山本誠治氏の3氏に話を聞いた。

--メッセージラボの概要

Chamberlain氏 Adrian Chamberlain氏

(Chamberlain氏)

 メッセージラボは1999年に英国で、Ben WhiteおよびJos Whiteという2人の兄弟によって設立された企業だ。設立時のビジョンは、「セキュリティビジネスはすべてインターネットに移行する」というもの。当時、セキュリティビジネスはデスクトップを重視して展開されていたが、1999年の時点でその後のインターネットの発展や重要性を見通していたということになる。

 メッセージラボのサービスの基本的なアイデアは、ウイルスやワームをインターネット上で排除し、企業ユーザーのリソースやデスクトップに到達する前にせき止めるというものだ。インターネットのトラフィックが急増し、その重要性が高まる中、当社のソリューションは企業ユーザーが抱えるさまざまな問題を解決する手段となっている。

 メッセージラボはこれまで順調に成長してきており、設立以来、年率50%の成長率を達成している。売上規模は1億5000万ドルで、ユーザー数は700万人、顧客企業数は1万6000社で、中には世界的な大企業も含まれる。現在は80カ国でサービスを展開している。

 メッセージラボのサービスでは、自己学習型のヒューリスティックエンジンである「Skeptic」によってスパムやウイルスを排除し、インターネットのトラフィックを浄化するというものだ。いわば、汚れた水を流し込むときれいな水が出てくる「浄水器」のようなイメージとなる。

 フィルタとして働くSkepticを大量のメールが通過していく。現在ではおよそ毎週15億通のメールを処理しており、この大量のメールからサンプリングされた不正コードや新種の攻撃に関するノウハウ、知識が日々蓄積されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化