DNS脆弱性、発見者の意図に反して詳細が明らかになった事情

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一

2008-07-25 12:40

 インターネット上のさまざまな場所でDomain Name System(DNS)への攻撃を可能にする攻撃コードを入手できることが、米国時間7月23日の時点で明らかになっている。

 IOActiveの研究者Dan Kaminsky氏は7月8日、DNSに脆弱性が存在することを明らかにしたが、影響を受ける全ベンダーが修正パッチをリリースし世界中のすべてのシステムが修正されるまで詳細を公開しない方針だった。同氏は修正におよそ30日かかるとみていた。

 30日後といえば、偶然にもラスベガスで開催されるBlack Hat会議で、同氏が登壇することになっている8月6日と重なっていた。

 ところが21日に、同じくBlack Hat会議の発表を予定しているHalvar Flake氏が、これほど重大なセキュリティの脆弱性を公開しないKaminsky氏のやり方を非難した。その後Flake氏は、問題の脆弱性について自らの推測を発表した。結果として同氏の見方は正しく、それ以外の者にも攻撃コードを作成したり公開したりできる基盤を提供することになった。

 Kaminsky氏は24日、第2回Black Hat Webinarに参加する。これはBlack Hat会議が毎月開催しようとしているシリーズの2回目となるものだ。Kaminsky氏の他に、米国土安全保障省サイバーセキュリティ部門の前ディレクターJerry Dixon氏、Securosisの創設者Rich Mogull氏、Internet Systems ConsortiumのシニアプログラムマネージャーJoao Damas氏らが参加し、太平洋標準時で午後1時に開始される。

 自分のインターネット接続がDNSキャッシュポイズニングに対して脆弱かどうかを調べるには、Kaminsky氏のサイトにテスト用のツールがある。研究者のNeal Krawetz氏は21日、大手ISPのサーバーが未だに脆弱なままだと報告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]