DNS脆弱性、発見者の意図に反して詳細が明らかになった事情

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一 2008年07月25日 12時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット上のさまざまな場所でDomain Name System(DNS)への攻撃を可能にする攻撃コードを入手できることが、米国時間7月23日の時点で明らかになっている。

 IOActiveの研究者Dan Kaminsky氏は7月8日、DNSに脆弱性が存在することを明らかにしたが、影響を受ける全ベンダーが修正パッチをリリースし世界中のすべてのシステムが修正されるまで詳細を公開しない方針だった。同氏は修正におよそ30日かかるとみていた。

 30日後といえば、偶然にもラスベガスで開催されるBlack Hat会議で、同氏が登壇することになっている8月6日と重なっていた。

 ところが21日に、同じくBlack Hat会議の発表を予定しているHalvar Flake氏が、これほど重大なセキュリティの脆弱性を公開しないKaminsky氏のやり方を非難した。その後Flake氏は、問題の脆弱性について自らの推測を発表した。結果として同氏の見方は正しく、それ以外の者にも攻撃コードを作成したり公開したりできる基盤を提供することになった。

 Kaminsky氏は24日、第2回Black Hat Webinarに参加する。これはBlack Hat会議が毎月開催しようとしているシリーズの2回目となるものだ。Kaminsky氏の他に、米国土安全保障省サイバーセキュリティ部門の前ディレクターJerry Dixon氏、Securosisの創設者Rich Mogull氏、Internet Systems ConsortiumのシニアプログラムマネージャーJoao Damas氏らが参加し、太平洋標準時で午後1時に開始される。

 自分のインターネット接続がDNSキャッシュポイズニングに対して脆弱かどうかを調べるには、Kaminsky氏のサイトにテスト用のツールがある。研究者のNeal Krawetz氏は21日、大手ISPのサーバーが未だに脆弱なままだと報告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化