米国特許商標庁、エヌビディアに対するラムバスの提訴を却下

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉 2009年07月15日 13時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは米国時間7月14日、同社が異議を申し立てていたRambusの追加クレーム8件について、米国特許商標庁(USPTO)がクレームを最初に却下したと発表した。

 追加されたクレーム8件は、RambusがNVIDIAと係争中の特許2件に基づくものだ。USPTOは今回に先立つ2009年6月に、Rambusが主張していた7件の特許に関するクレーム41件を却下した、とNVIDIAは述べた。

 Rambusは2008年11月、NVIDIAに対する特許クレームを米国際貿易委員会(ITC)に提出した。このITCへの訴えにはグラフィックスプロセッサに関連するメモリコントローラが含まれている。メモリコントローラは、メモリチップとほかのハードウェアとの通信を制御するものだ。

 NVIDIAのエグゼクティブバイスプレジデントで法律顧問のDavid Shannon氏は声明の中で、「USPTOがRambusによる追加の特許2件についてその特許性を審査することを決定し、8件のクレームに対するNVIDIAの異議申し立てに引き続き同意したことを、当社はうれしく思っている」と述べた。

 高速メモリチップ技術を開発するRambusも、今回の発表にコメントしている。

 Rambusは7月14日、声明の中で次のように述べた。「Rambusの訴訟相手は、当社が特許を保有する発明に対する支払いを遅らせる多面的な手法の一環として、当社特許の妥当性を問題にするよう、USPTOに要求を提出してきた。当社はこの戦術を何年も見てきた。これはとても長い手続きになるが、その間も特許はずっと有効だ」

 Rambusは、同社の特許を侵害していると主張するNVIDIA製品について、輸入と販売を差し止めたい考えだ。

 ITCへの訴えは2009年8月に裁判にかけられ、最終的な判決は2010年に出ると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算