編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

テラデータ、SSD対応の「Teradata Extreme Performance Appliance 4555」を発表

2009-10-22 10:36

データウェアハウス大手のTeradataが米国時間10月19日、データウェアハウス製品「Teradata Extreme Performance Appliance 4555」を発表した。SSDを採用し、従来製品よりも150倍の高速化を実現した。データ容量が同程度のHDDベースのデータウェアハウスに比べてエネルギー効率が50%優れ、フロアスペースを7%に抑えることが可能。ユーザーデータは7~200テラバイトに対応し、OSには64ビットのSUSE Linux Enterprise Server 10、プロセッサにはIntelの最新マルチコア製品を採用する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]