編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

両毛データセンター、シンクライアントサービスにアイシロンのストレージ採用

田中好伸(編集部)

2010-01-21 15:36

 アイシロン・システムズは1月21日、インターネットデータセンター(iDC)の両毛データセンターが提供するシンクライアントサービスにアイシロンのストレージ製品「Isilon IQ」が採用されたことを発表した。

 両毛データセンターは「Isilon IQ 1920x」を活用。両毛データセンターが提供するシンクライアントソリューションは、仮想化ソフト「VMware vSphere」を基盤とする統合仮想化デスクトップ環境であり、100台の仮想マシンが運用されている。

 「Isilon IQを導入した2008年7月から現在までに、大きなトラブルは発生していない。ハードウェア、各種の設定、運用のランニングコストまでを含めた総所有コスト(TCO)を大きく削減できた」と両毛データセンターは説明する。こうしたことから「ユーザー企業へのサービスを充実させるために、社内リソースを集中させることができた」(両毛データセンター)としている。

 アイシロンのストレージ製品は“スケールアウト型NAS”とされ、(1)システム稼働中の増設、メンテナンスが可能(2)不具合がほとんど発生しない信頼性と可用性(3)安定していてストレージ管理コストを削減(4)社内リソースを顧客向けサービスに集中させて、顧客満足度が向上――といったメリットを両毛データセンターにもたらしたとしている。両毛データセンターは、「VMwareの認定を取得していることも採用の大きな決め手になった」としている。

図 システムイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

両毛データセンターのシンクライアントソリューションの仕様
サーバ環境インターネット接続、ファイアウォール、Windows Server 2003、ターミナルサービス
時刻同期Windows Server 2003のActive Directory環境あるいは指定のNTPサーバで時刻同期
ウイルス対策ウイルス対策ソフトでのリアルタイム検索、定時スキャン(1日1回)実施
ログ取得イベントログや接続ログ(オプションでアプリケーション利用履歴なども)
バックアップスナップショット(1日1回)実施(通常7世代以上保存可能)
オフィス間VPNVPN専用機器
リモートVPNWindows 2000/XP/Vista専用クライアントソフト利用
推奨帯域1ユーザーあたり512Kbps
推奨端末OS:Windows XP、CPU:1.0GHz以上、メモリ:512KB以上

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]