BIGLOBE、不正なウェブ改ざんを定期的にチェック--セキュアブレインと連携

新澤公介(編集部)

2010-03-01 17:00

 NECビッグローブ(BIGLOBE)は3月1日、企業向けにウェブサイト改ざんを定期的に確認するSaaS型セキュリティサービス「Web改ざんチェックサービス」の提供を開始した。セキュアブレインの「gredセキュリティサービス」をベースにしている。

 Gumblar系攻撃によるウェブサイトの不正な改ざんの有無を、1日1回巡回し検知する。異常が検知された場合、サイト管理者にアラートメールを送信するとともに、ウェブサイトをメンテナンス画面に切り替える。

 企業ユーザーは、自社のウェブサイトの情報を1URL、5ドメインまで登録可能。登録されているドメインのうち、最大100ページまでをランダムで巡回する。ウェブ解析機能では、月ごとの解析履歴をレポート作成することも可能だ。

 価格は月額5460円。初期費用は不要。メンテナンス画面への切り替え機能はオプションとなる。「BIGLOBEオフィスサービス」「料金制選択コース」「BIGLOBE法人ペイメントID」のいずれかに契約していることが前提としている。

 セキュアブレインによると、1月に検知されたGumblarによる被害サイトの80%が、法人系ウェブサイトだったという。ウェブサイトの訪問者に対して、ウイルス感染や個人情報漏洩といった被害を及ぼすほか、企業のブランドイメージを著しく下げることにもつながると指摘している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]