編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

BIGLOBE、不正なウェブ改ざんを定期的にチェック--セキュアブレインと連携

新澤公介(編集部)

2010-03-01 17:00

 NECビッグローブ(BIGLOBE)は3月1日、企業向けにウェブサイト改ざんを定期的に確認するSaaS型セキュリティサービス「Web改ざんチェックサービス」の提供を開始した。セキュアブレインの「gredセキュリティサービス」をベースにしている。

 Gumblar系攻撃によるウェブサイトの不正な改ざんの有無を、1日1回巡回し検知する。異常が検知された場合、サイト管理者にアラートメールを送信するとともに、ウェブサイトをメンテナンス画面に切り替える。

 企業ユーザーは、自社のウェブサイトの情報を1URL、5ドメインまで登録可能。登録されているドメインのうち、最大100ページまでをランダムで巡回する。ウェブ解析機能では、月ごとの解析履歴をレポート作成することも可能だ。

 価格は月額5460円。初期費用は不要。メンテナンス画面への切り替え機能はオプションとなる。「BIGLOBEオフィスサービス」「料金制選択コース」「BIGLOBE法人ペイメントID」のいずれかに契約していることが前提としている。

 セキュアブレインによると、1月に検知されたGumblarによる被害サイトの80%が、法人系ウェブサイトだったという。ウェブサイトの訪問者に対して、ウイルス感染や個人情報漏洩といった被害を及ぼすほか、企業のブランドイメージを著しく下げることにもつながると指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]