数十億の顧客を持つ大手銀行がメールシステム仮想化で処理能力を400%向上

2010-07-20 11:00

 数十億の顧客を持つ金融機関A社は、数十万アカウントのメールシステムを世界数拠点で分散運用していた。そして、ビジネスの根本を支える存在となったメールシステムには、ウイルス対策、スパム対策、法令遵守、情報漏洩対策など、次々と新しい機能が要求された。

 しかし、24時間365日の金融取引を支える数十万アカウントの大規模メールシステムには、容易に変更を加えることができなかったのだ。

 A社はリーマンショックを機に、メールサーバの台数削減と運用コストのカットを求められた。そこでA社は、センドメールのメールセキュリティ仮想アプライアンス製品「Sentrion MPV」を導入し、メールシステムの再構成を図った。

 Sentrion MPVの導入効果は凄まじかった。

 電力消費量を61%、サーバ台数を26%、ラックスペースを62%、発熱量を60%、それぞれ削減したのだ。 加えて、総合的にはサーバの処理能力を400%も向上させることとなった。メールシステムの仮想化は、サーバ台数の削減だけでなく、信頼性や運用効率の向上なども実現したのだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]