編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アマゾン、企業のメール管理を簡便化する新サービス「Amazon SES」を発表

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉

2011-01-26 10:57

 Amazon Web Services(AWS)は、電子メール業界に狙いを定めている。

 新たな「Amazon Simple Email Service(Amazon SES)」は、同社の既存のAWSツールと統合され、導入した企業が業務内で電子メールを管理しやすくなるよう設計されている。

 AWSは米国時間1月25日、Amazon SESが「マーケティングおよびトランザクションに関するメッセージ」に的を絞っていると述べた。このプラットフォームは、社外への送信メッセージを精査してインターネットサービスプロバイダー(ISP)の基準を満たしていることを確認し、受信者のスパム用フォルダに振り分けられないにする。AWSはまた、通知システムも売りにしており、同システムが顧客へ「不達で戻るバウンスメール、送信試行の失敗と成功、スパム申し立て」を警告するという。

 Amazon SESのユーザーは、データの最初の1Gバイトを無料で受信できる。さらに、Amazon.comのクラウドサービス「Amazon EC2」やアプリケーション管理サービス「AWS Elastic Beanstalk」を利用しているユーザーは、1日に2000件の電子メールを無料で送信できる。その後は、電子メール1000件につき10セントが課金される。また、この電子メールプラットフォームを通じて受信するデータ1Gバイトにつき10セントが課金される。電子メールで送信するデータの料金は、1カ月に利用するデータ量に応じて、1Gバイトにつき8セントから15セントまでとなっている。

 Amazon SESは現在ベータ版だが、顧客はすでに登録可能になっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]