編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

PowerPointでパッチ不具合--「ファイルが壊れています」の回避法

田中好伸 (編集部)

2011-04-22 21:54

 日本マイクロソフトが4月13日にリリースした「PowerPoint 2003」向けセキュリティ更新プログラムが思わぬ被害を生んでいる。パッチを当てたPowerPoint 2003でファイルを開くと「ファイルが壊れています」というエラーメッセージが表示される現象が同社に報告されているからだ。

 問題となっている現象が発生するのは、(1)「PowerPoint 2007」以降で作成され、スライドマスターなどのプレゼンテーション背景に画像が挿入されている、(2)PowerPoint 2003で作成され、複数のマスターが存在し、各マスターに画像が挿入されている――という2つの条件による。

 日本マイクロソフトのセキュリティチームが、問題の回避策を公開している。4月20日時点で、同社は4月中にも、この問題を解決する更新プログラムを公開する予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]