Stuxnetの登場は「20年間で最も重要なセキュリティの出来事」--シマンテック

冨田秀継 (編集部) 2011年07月29日 19時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年末、ZDNet Japan編集部の田中好伸が2010年のセキュリティ動向をまとめた。冒頭、田中はこう書いている。「セキュリティという視点で数年後に振り返った時、2010年は重要な年になるのかもしれない」

 2011年も半ばを過ぎた今、この指摘の正当性がより深まってきた。その背景には「Stuxnet」の存在がある。

最も重要なセキュリティの出来事--Stuxnet

 Symantecがシンガポールで開催したカンファレンス「Next@Norton」では、Stuxnetのデモンストレーションが披露された。

 Stuxnetは、Siemensの産業用制御システムを攻撃するマルウェアだ。Stuxnetの攻撃により、イランのウラン濃縮施設で使われている多くの遠心分離器が破損したとされる。SymantecでGroup Product Managerを務めるJohn Harrison氏は、Stuxnetの登場を「この20年間で最も重要なセキュリティの出来事。物理設備を攻撃した初めてのマルウェアだ」と表現した。

イランのウラン濃縮施設のネットワーク概略(出典:Symantec)※クリックで拡大画像を表示 イランのウラン濃縮施設のネットワーク概略(出典:Symantec)※クリックで拡大画像を表示

 従来のマルウェアは無差別かつ大量にばらまかれていたが、Stuxnetは特定機器のシステムだけを狙っている。従来はクレジットカード番号などターゲットの情報を標的としていたが、Stuxnetは重要な物理インフラを標的とする。以前はデータや金銭の盗難が主な被害だったが、Stuxnetは地政学的なインパクトに加え、人命にも被害がおよぶ危険性がある。

 技術面でも特徴がある。Harrison氏によれば、SymantecはStuxnetの開発者を調査せず、どのように動作するかを分析しているが、その過程で次のようなことが分かった。Stuxnetは、15の異なるモジュールで動作しており、複数の技術者が開発に携わっている。また、コードの量が通常のマルウェアの平均より50倍以上も多く、開発にも数カ月から数年をかけていると予測している。

 「従来のマルウェアと全く異なり、非常に複雑で巧妙に作られている」とHarrison氏は言う。

StuxnetをデモするHarrison氏 StuxnetをデモするHarrison氏

 上の画像はStuxnetのデモだ。風船が取り付けられたSiemens製の周波数変換器に対し、Harrison氏はリモートで周波数をコントロール。風船を破裂させるまで空気を送りこんだ。

 Symantecの分析によると、Stuxnetは遠心分離器の周波数を1410Hzから2Hzへと一気に落とし、さらに1064Hzへと引き上げる。このアップダウンを繰り返すことで施設にダメージを与えていくのだ。攻撃中は監視システムがアラートを表示しないようにコントロールしている。

 米国のシンクタンク Institute for Science and International Securityは、2009年の終わりから2010年の初頭にかけて、イランにある遠心分離器9000台のうち、約1000台がStuxnetによって破壊されたとしている。

仕掛ける者、請け負う者

 シマンテック コンシューマ事業部門でリージョナルプロダクトマーケティング シニアマネージャを務める風間彩氏は、Stuxnet以前も以後も同様のマルウェアは登場していないとして、「完全に特異な存在だ」と強調する。

 一般的には、攻撃者の目的は金銭の窃取や政治的アピールなどさまざまだ。しかし、実行者はビジネスとして攻撃を請け負う存在。風間氏は「ブラックマーケットと同じ仕組み」と指摘した上で、「悪質なプログラムを開発する人もいれば売る人もいて、それを使ってスパムを送信する人もいる。目的を達成したい人が、マルウェアを開発しているとは限らない」と述べる。

 このモデルがStuxnetに当てはまるかどうかは不明だ。しかし、専門家が口を揃えて「これまでのマルウェアと全く異なる」と強調するStuxnetは、非常に高度な専門性を持つチームが開発した可能性が高い。

 Harrison氏は、「多くの人は、ウラン濃縮機と自分の生活に関係はないと思っているだろう。しかし、そうではない。今はコンピュータがあらゆるものを制御している。エレベータや金融から思いもよらないようなものまである」と警鐘を鳴らしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算