NSAの機密文書がまた暴露--AT&Tとベライゾンが通信傍受に協力か

Declan McCullagh (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一 (ガリレオ) 2013年06月28日 13時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たに暴露された最高機密文書は、米国家安全保障局(NSA)が通信事業者2社と「生産的」で長期的な監視における「協力関係」にあったことを評価するものとなっている。ただし、NSAに通信を傍受させた2社の名前は明かされていない。

 この手がかりから興味深いことが明らかになる。

 英国のThe Guardianが現地時間6月27日に掲載したこの最高機密文書の中でも、企業名は「企業A」「企業B」としか記されていない。しかし、9.11米同時多発テロを受けて監視プログラムが作成された当時、NSAがこれらの企業と協力関係を築いたのは、企業Aが国際通話の39%、企業Bが28%にアクセス可能だったからだとNSAの監察官は明かしている。

 これらの数字は米連邦通信委員会(FCC)のデータとほぼ一致する。通信事業者との「協力関係」が拡大していた2001年後半に公開された当時の最新の報告によると、米国の通信事業者が課金した国際通話時間の38.2%をAT&Tが、(現在はVerizonの傘下にある)MCIが29.1%を占めていた。

 Verizonで広報を担当するEd McFadden氏は、企業BがMCIであることを確認も否定もせず、米国時間6月27日には米CNETの取材に対し、いかなる政府機関からの要望であれVerizonがそれに応じる際には「常に法に基づく適切な手続きが必要だ」と述べた。AT&Tは回答しなかった。

 2009年に作成されたこの報告書では、これら2社との「情報収集における協力関係」により、NSAが通信事業者の「光ファイバーケーブル、ゲートウェイスイッチ、データネットワーク」を利用して、電子メールおよび通話内容を傍受できるようになったと記されている。これはAT&Tが通信施設をNSAに利用させたという以前の報道と一致する。

 今回暴露された文書はNSAの監査官事務所が作成した報告書の一部であり、NSAと米通信事業者との関係がいかに重要で注意を要するものになったかが強調されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算