編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Windows XP」--使い続けて何がまずい?

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-06-26 07:30

 何度か「執行延期」され、数年前のネットブックブームでは再び注目を浴びた「Windows XP」だが、Microsoftの公式サポート終了まで1年を切るに至って、ようやく最期の時が近づいてきたようだ。これはITプロフェッショナルにとっては不思議なことではないが、「Windows 7」の導入に4年もあったにもかかわらず、TechRepublicでのアンケートや、私の非公式調査(飛行機に乗ったときに他の人のラップトップの画面をチラ見する)によれば、多くの組織は、この使い古されたOSを置き換えるつもりがないようだ。何が起きているのだろうか?

奇妙なWindowsのダイナミズム

 初期のWindowsは、リリースのたびにかなり速いペースで移行が進んだ。私がIT業界で働き始めた頃には、2年おきにWindowsがリリースされており、インターネットに対応するプロトコルの重要性の高まりとともに、企業はリリースされるたびに素早く新しいものを導入していた。XPはMicrosoftの1つの頂点であり、同社はサービスパックを提供してバグを修正し、魅力的な企業向けの新機能を提供してきた。MicrosoftはこのOSを6年もの間ずっと改良し続けた一方、「Windows Vista」の最初のリリースでへまをやったため、消費者や企業はこれをやり過ごすことを選んだ。

 Windows 7はVistaで起こったトラブルのほとんどが修正され、性能を向上させながら最新のUIを提供したが、ITプロフェッショナルに対して重要な教訓を与えてしまった。その教訓とは、Microsoftのアップグレードサイクルを無視しても、あまり深刻な問題は起きないということだ。

 Microsoftの最新のOSである「Windows 8」は、過去のものとは大きく変わっており、今なお世界のPCの多くで使われているXPと比べると、違いすぎるものになってしまった。大規模な導入作業と、2つのメジャーリリースを受け入れなかったユーザーたちをきちんとトレーニングしなくてはならないことを併せ考えると、ITプロフェッショナルは憂鬱になるはずだ。

XPを使い続けると何が起こるか?

 Microsoftのサポート終了後にXPを使い続けても大きな問題にはならないという主張は、もっともなものに見える。Windows 8導入の大きなコストと、Windows 8の修正バージョンで一部のなじみ深い機能が復活するという噂が、この意見を後押ししている。多くの大企業は、COBOL時代のアプリケーションやカスタムコードを抱えているが、まだ破滅には至っていないことを考えれば、XPが古くなったところで特に違いはないというわけだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]