「Windows XP」を使い続ける--そのリスクは?

Toby Wolpe (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2013年05月10日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ侵害やアプリのクラッシュへの懸念があるにもかかわらず、一部の会社は、あと1年ほどでMicrosoftのサポートが終了する「Windows XP」から乗り換えようとは考えていない。

 ソフトウェアコンサルタント会社Camwoodの最近の調査によると、Windows XPを使い続けている会社のうち5社に1社は、同OSのサポートが米国時間2014年4月8日に終了し、それ以降は新たなパッチやバグフィックスがリリースされなくなったとしても、同OSを使用し続けるということが示唆されている。


 こういった会社は、計算済みのリスクを取っているのかもしれない。そして、Windows XPの製品寿命の長さゆえに、大きな脆弱性は既に洗い出され対処されたと仮定しているのかもしれない。しかし、トレンドマイクロでセキュリティリサーチ担当のグローバルバイスプレジデントを務めるRik Ferguson氏によると、この仮定は誤っているという。

 同氏は「これからもWindows XPの重大な脆弱性が発見されていくのは間違いない。脆弱性は時間さえかければ誰でも発見できるためだ。考えられ得るすべての脆弱性が既に発見されており、その回避策が考え出されたり、パッチが作成されているという考えは誤りだ」と述べている。

 ただ同氏は、Windows XPが最初にメーカーに引き渡された2001年8月以来、多くのユーザーの厳しい目にさらされ、実地に使われてきたことが脆弱性の発見や回避策の考案に結びついている点は認めている。

 同氏は「理論的に言えば、Windows XPのように広く普及したシステムでは、時とともにどんどんとバグの洗い出しが進んでいく。その過程で実施されるフィールドテストや、フィールドでの品質保証はすべて、リリース前に社内で達成できる品質保証レベルをはるかに超えるものとなる」とも述べている。

 また同氏は「しかし、システムが広く普及することで、攻撃対象となる範囲も広がるため、攻撃者やセキュリティ関係のリサーチャーによって(つまり悪意から、あるいは善意からに関係なく)継続的に研究されるという側面もある」と述べている。

 「Windows XPの肥大化したコードと、そのレガシーな特徴(どこから見ても次世代OSとは言えない)を考えた場合、脆弱性や欠陥が潜む余地は十分に残されている」(Ferguson氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算