「Windows 8」と「XP」の代わりになり得る5つのOS

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2013年04月24日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2014年4月8日に「Windows XP」のサポートを終了するが、多くの人は「Windows 8」には移行しようとしていない。実際、TechRepublicの調査によれば、XPの企業ユーザーは特にWindows 8への移行には消極的だ。では、2014年になったら、デスクトップで何を使えばいいのだろうか?この記事では、検討すべきだと私が考える、5つの選択肢を提案したい。

5.「Android」タブレット/Appleの「iPad」

 タブレットを一部の作業のために使うことは十分に可能だが、情報を作る人にとってよりも、情報消費者にとっての方がはるかに使い出がある。従って、スプレッドシートでデータを見たり、ウェブで検索したり、電子メールを読んだりする作業であれば、タブレットは役に立つ。しかし、もしスプレッドシートに入力をしたり、ウェブページを作成したり、長めの電子メールや文書を書いたするタイプの人にとっては、このプラットフォームはすぐに煩わしいものとなる。

 Bluetoothキーボードとマウスがあれば、そういった問題を解決することもできるが、タブレットにキーボードとマウスをつけたものは何と呼ぶべきだろうか?私はそれを、ラップトップコンピュータと呼んでいる。

 iPadを本気で仕事に使っていた、ハードコアユーザーであるCharlie Sorrel記者が、「ゴリラ腕」を理由にギブアップしたことは、非常に多くのことを物語っていると思う。この病気は、iPadがSteve Jobs氏の構想に過ぎなかった以前から知られており、頻繁にタッチスクリーンに腕を伸ばすことで生じる。Sorrel氏がiPadを毎日1年以上使ってみた結果、キーボードがあってさえ、その作業は非常に苦痛で、「時にはとにかく終わらせたくて急いで記事を書いてしまうこともあった」という。

 Jobs氏は彼にこのことを話しておいてもよかっただろう。実際、Jobs氏は2010年にこのことについて言及している。「われわれはこれについて、ユーザーテストを大量に行ったが、うまくいかないことが分かった。タッチ操作は、垂直の面には向かない。デモとしてはすばらしいが、しばらく経つと疲れはじめ、長時間経過すると、腕が疲れて落ちてしまう」

 このように、望むならタブレットの持ち込みをサポートするのもいいが、PCの代わりになると考えるべきではない。それは無理だ。

4.「Mac」

 Windowsユーザーはこんな話を聞きたくないということはわかっている。しかし、Macは十分にPCの代わりが務まる。Macでは、「Office for Mac」や「Outlook」などの、多くのMicrosoft Officeアプリケーションを動かすことができる。もちろん、それらのアプリケーションは最新バージョンではないが、どうしてもMicrosoftのアプリケーションが必要なら使えるわけだ。それに加え、「Parallels」などの仮想化ソフトウェアのおかげで、ネイティブのWindowsアプリケーションを動かすこともできる。

 欠点はと言えば、これまでもそうだったとおり、Macは決して安くはないということだ。また、Macを使うと、さまざまなやり方を新たに覚え直す必要がある。とはいえ、Windowsから最新バージョンのMac OS XであるMountain Lionに移行する場合、たとえばXPからWindows 8のMetroに移行した場合よりも操作は簡単に覚えられる。

3.Linuxデスクトップ

 ずっと以前から、Windowsよりもずっと安全性が高く、はるかに安定しており、ディストリビューションとデスクトップインターフェースの適切な組み合わせを選べるOSは何だろうか?実際、それの見た目や感触は、XPに似ている。答えは、Linuxデスクトップだ。特に、インターフェースに「Cinnamon」を使っている「Linux Mint」はXPにそっくりだ。

 欠点は、WindowsアプリケーションをLinuxで動かすのは大変だと言うことだろう。しかしそれも、「Wine」と呼ばれるプログラムや、その商用版である「Crossover Linux」のおかげで、不可能ではない。さらに、Macの場合と同じように、Oracleの「VirtualBox」などを使って、Linux上で仮想的にWindowsを動かすこともできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化