納期と完成度、どちらが優先?--悩めるプロジェクトリーダーたちへのアドバイス

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年08月19日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リーダーの役割で最も難しい側面の1つが、いつプロジェクトに「判断をつける」のかということだ。納期を延期すべきか、それとも、たとえ当初の目標をすべては達成できなくても、チームに数時間残業してもらって納期までにプロジェクトを完了することを目指すべきかを決める必要がある。ごくまれに、必然的にこの決定が下されることもある。

 作っているものが飛行機や生命維持装置なら、納期に間に合わせるためだけに、明らかに欠陥のある製品を出荷する可能性は低い。同様に、例えば合併の成立や大統領選挙など、製品やプロジェクトが納期を動かせないものに関わってくる場合は、機能性や機能の搭載を断念して出荷または公開することを余儀なくされる。

 このようなケース以外の場合は、難しい決定を下すことが余儀なくされる。

周囲の意向を把握する

 ほとんどの組織とプロジェクトの場合、納期に間に合わせるか、または機能面で可能な限り完璧に近いものを出荷するかのどちらかに寄る傾向があるのが普通だ。自分の組織のこれまでの傾向やそのほかの最近のプロジェクトに注目して、手がかりを探してみよう。皆が最新の製品のバグのことを気にして仕方がないのなら、「正当な」成果物を公開する方に考えが寄っている可能性がある。ライバルより先に製品を市場に投入することに皆が夢中になっているのなら、納期までに出荷することの方が重要かもしれない。

 こうした風習は製品やプロジェクト、社内の出荷または公開担当チーム、社外のパートナーによって変わることがある、ということに注意しよう。ステークホルダーが組織内の考えの偏りを修正するために、部外者やコンサルタントを招き入れて、自分にとって「不利な状況」を作り出す可能性さえある。したがって、自分の企業が常に納期までに出荷や公開を行ってきたからといって、最新の取り組みが同様の道を辿るとは限らない。

 組織の考えが納期優先と完璧に近い完成度優先のどちらに寄っているのかを大まかに把握できれば、どちらの考えがリスクになるのかという選択肢を考える際の指標になるだろう。さらに、予定と機能性のどちらがより重要なのかをステークホルダーに直接尋ねてみてもいい。最初は誰もがその質問に「両方」と答えるだろうし、それを尋ねた後に、厄介な質問をされる可能性もあるが、直接話し合うことによって疑問を解消できることもある。

失敗の基準と「執行者」を明確にする

 マネジメントと出荷/公開に関する多くの方法論では、プロジェクトの最初の落ち着いている段階で、慎重に検討し、共有していく指標となる、失敗の基準を定義するよう勧めている。後に手が付けられない状況が発生したとき、これらの基準を使って、プロジェクトを判断することができるのだ。残念なことに、多くのリーダーはこの作業をぞんざいに扱う。あるいは過剰に楽観的または悲観的で、失敗の基準を前もって定義することは本質的に無益だと考える。自分がこの状況にいると感じたら、プロジェクトの現状と素早く比較できる3~12種類の指標を策定してみよう。必ず成功させなければならない中核的なトランザクションや機能があるかもしれないし、あるいは、最も重要な機能的失敗を除いて、全てに優先する市場投入に向けたコミットメントがあるかもしれない。

figure_1
提供:iStock/borzaya

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算