グーグル、クラウドコマースプラットフォームを手がけるOrbiteraを買収

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-09 10:36

 Googleは米国時間8月8日、Orbiteraを買収したと発表した。Orbiteraは、複数のクラウドをまたがったITサービスの購入や配備を簡素化するEコマースプラットフォームを提供している。

 Orbiteraは、クラウドベースの顧客を抱える企業やISV(独立系ソフトウェアベンダー)向けに、課金やパッケージング、価格の最適化に関するプロセスを自動化するプラットフォームを手がけている。同社は2011年に創業され、そのプラットフォーム上ではこれまでに6万を超えるエンタープライズスタックがローンチしている。

 買収条件は明らかにされていない。Orbiteraの最高経営責任者(CEO)Marcin Kurc氏は現行の製品やサービスについて、「Googleが提供するスケーラビリティによって強化されたかたちで」提供し続けるとブログで述べている。

 Googleは、エンタープライズ顧客が複数クラウドでの運用を望んでいるという点を認めている。それは今回の買収を見ても明らかだろう。Googleのクラウド担当シニアバイスプレジデントDiane Greene氏は5月に、同社がクラウド大手のAmazon Web Services(AWS)と顧客を共有せざるを得ないと認めつつも、Googleの製品が「エンタープライズでの使用に十分耐えられる」という点を強調していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]