編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
調査

ITサービス市場、2019年度にリーマンショック前上回る--クラウドが牽引

NO BUDGET

2016-10-11 13:07

 ミック経済研究所によると、ITサービス51社の売上合計は重複(下請分)を除いたネットで2015年度8629億円となり、総市場13兆6390億円の63.3%をカバーする。10月6日に発表した。

 ITサービス総市場は2015年度に前年比2.5%増の13兆6390億円、2016年度は同2.1%増見込の13兆9300億円と堅調に推移している。2019年度にはピークアウトの2008年度(リーマンショック)の市場規模14兆5500億円を超えると予測している。

 同社はシステムの開発、保守運用、アウトソーシングなどのITサービス市場全体を俯瞰したマーケティング資料「ITサービス市場の実態と展望 2016年版」(第17版)を9月に発刊。5~8月に51社の国内の大手システムインテグレーター(SIer)を調査した収録個票の数値を積み上げて全体を推計。調査対象年度は2014~2016年度の3カ年で、2023年度までを予測している。

システム開発サービスとSaaS/PaaS/IaaSの指数(2014年度100.0%、ミック経済研究所提供)
システム開発サービスとSaaS/PaaS/IaaSの指数(2014年度100.0%、ミック経済研究所提供)

TechRepublic Japan関連記事

 ITサービス総市場の伸びをもたらした原動力の一つが、総市場の51%台を占めるものの長期的に低迷していた開発サービスで、リーマンショック以降初めて、年率2.0%程度以上の伸び率が2014年度より3年間連続で続いている。

 2014年~2016年度の3年間は、メガバンクや大手証券保険、グローバル製造業で大型システム開発案件があったほか、公共自治体でマイナンバー関連のセキュリティソリューション構築、導入が多数発生した。代表的なものとしては、みずほフィナンシャルグループのシステム統合案件、ゆうちょグループの基幹システム更改案件があり、グローバル製造業ではグローバルサプライチェーンの構築が行われている。

 システム開発サービスの指数は、2014年度を100%として10年後の2023年度には112.8%となる。

 原動力の二つ目がクラウドサービスで、年率2桁の高成長を2019年度まで続けると同社では予測している。2014年~2016年度の3年間は20%以上の成長であり、その要因は“所有から利用”という時代のトレンドに加え、従量課金制の使い勝手、運用サポート支援、価格、事業継続対策などのメリットを挙げている。

 クラウドサービスの中で、また全てのITサービスカテゴリの中でIaaS/PaaSが最も成長している。2015年度と2016年度は年率30%以上の伸び率で、市場規模は2015年度で2000億円を超えている。

 シェア1位のアマゾンデータサービスジャパンと、2位のNTTコミュニケーションズの伸び率は2015年度60.0%増、2016年度で50%増を超えている。日本マイクロソフトはシェア11位であるが、前年対比で2015年度209.4%、2016年度161.2%と全ての参入ベンダーの中で最も伸長した。

 2014年度を100%とした、10年後の2023年度指数は上図のように286.6%と断トツの伸び率を示している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]