編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Slack、メッセージのスレッド化をようやく導入

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)

2017-01-19 09:59

 ずいぶん待たされたが、もう少しの辛抱だ。

 人気の高いメッセージングおよびコラボレーションサービスのSlackに、ようやくメッセージをスレッド化する機能が導入されることになった。同社の発表によると、この機能は「これから数日のうち」に徐々に展開され、デスクトップとモバイルの両バーションで利用可能になるという。

 メッセージのスレッド化とは、関連するメッセージの返信を読みやすいフォーマットにまとめるもので、2013年にサービスを開始したSlackでは以前から要望が高い機能だった。今後、ユーザーはメッセージをより細かいスレッドに分岐させることで、特定の話題についてフォローできるようになる。また、@によるメンションを使って特定のユーザーを会話に加えたり、必要に応じて元の大きなチャンネルに再投稿することも可能だ。

 あるスレッドへ返信した場合も、自動的にそのスレッドが属するSlackチャンネルが「未読」表示にはなることはなく、誰かがスレッド内で直接そのユーザーにメンションしない限り、通知を受けることもない(筆者のように、通知が気になって仕方ない「通知バッジ不安症」を抱える人にとってはありがたいことだ)。しかし、画面左側メニューには「All Thread(すべてのスレッド)」ビューが設けられるので、ユーザーは自分が参加しているすべてのスレッドを把握できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]