三国大洋のスクラップブック

アマゾン「Alexa」が注目を集める理由--「スマートホーム・ハブ」の本命?

三国大洋 2016年04月24日 07時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonの「Echo」というネット接続機能付きスピーカー端末に関する話題を米媒体で見かけることが昨年の暮れあたりから増えている。

 「EchoはAmazonの『隠れたヒット商品』」などとQUARTZで書かれていたのが2月のはじめのことだが、最近でも同シリーズの新製品「Tab」「Dot」を取り上げたレビュー記事がWSJやWIREDに掲載されていた。またその前にはRe/codeのポッドキャストでこれらの製品を取り上げていた――そのなかには出演者らとAmazonのAI(人工知能)「Alexa」との掛け合いの様子を録音したシーンもあった。

 Amazonによるハードウェア関連の取り組みというと、いまだにどこか「副業」という印象がある。同じ「副業」でもAmazon Web Service――パブリッククラウド分野でMicrosoftやGoogleといった競合に先行するAWSと比べると、そういう印象がなおさら強くしてしまう。電子書籍端末「Kindle」のような大成功例がある一方、期待されながら結局大失敗に終わったスマートフォン「FirePhone」のような例もあるからだろうか。

 Jeff Bezosが自らハンズオンで開発に関わったとされる「FirePhone」に比べると、「Echo」はひと言でいって地味な存在――筒型の外見からはふつうのBluetoothスピーカーとどこが違うのか、といったことは分からないし、ユーザーが実際に話しかけてみるまでは、どんなことができるかも分からない。

 「2014年秋にリリースされた」というが、リリース当時に大きく取り沙汰された、という覚えもない。念のため、The Vergeにあるレビュー記事(2015年1月のもの)をみてみると、例えば「購入からしばらく時間が経つと、Echoを音楽やポッドキャストを聞くのに時々使うくらいで、それ以外の目的に使うのを止めてしまうユーザーが大半ではないか」といったことが書かれていたりすることもわかる。

 Amazonは自社製ハードウェアの販売台数を明らかにしたことがないので、Echoがこれまでにどれくらい売れたのかはよくわからない。ただ、先週にはSeattle Timesに「累計販売台数は推定300万台」とする市場調査会社のレポートを伝えた記事も掲載されていた。

 Echoの価格は180ドルだから、売上額自体はさほど大きなものでもないだろうが、すでにそれだけのインストールベースが存在するという点のほうがむしろ重要なのは改めて言うまでもない。

 また実際に使っているユーザーの人気や評価も高いようで、Amazon.comにあるEchoの商品ページにはすでに約3万5000件を超えるレビューが上がっており(4月14日時点)、またその3分の2が五つ星の評価となっていたりもする。

 なお、最初に発売されたEchoは常時音声コマンドを受け付ける据え置き型のスピーカー、それに対してDotはEchoからBluetoothスピーカー部分を除いたもの(音質とは関係ない小型スピーカーは内蔵)、また「Tab」はEchoを一回りくらい小さくして携帯用にしたもの(ボタンを押さないと音声コマンドを受け付けない)といった違いがあるそうだ。

 そんなEchoシリーズ(のハードウェア)+Alexa(ソフトウェア)が注目を集める理由と思われるものを3つほど以下に書き出してみる。

1)音声(会話)ベースの「ボット」

 Echoやその派生商品の特徴のひとつがこの「音声によるやりとり」---音声コマンドとフィードバックというは前から何度か見聞きしていた。

 Echoは常時スタンバイしていて、ユーザーの呼び掛け――「Alexa!」もしくは「Amazon!」という音声コマンドを聞き取ると音声認識を開始し、素速く答えを返すとか、指示された処理(買い物リストにアイテムを追加するなど)を行うといった仕組みの説明をよく見かける。

 ただ、それが「実際にどんな具合なのか」「AppleのSiriなどとどう違うのか」あるいは「ハンズフリーで用事を足せるのは、そんなに便利なことなのか」といった疑問が浮かんで、なかなか疑問が解決できずにいたが、前述のRe/codeのポッドキャストにある掛け合いの様子を聞くと、「確かに注目を集めるだけのことはありそう」という感じも伝わってくる。

 最近では、MicrosoftやFacebookあたりでも「チャットボット」関連の事柄に力を入れていく考えを明らかにしていた。AmazonのAlexaも、音声によるやりとりという入力・出力の形の違いはあるものの、基本的には同じ方向性の技術と思える。

 そんなEcho+Alexaを使ってできることは、「今日の天気は?」「Amazonで(商品名)を注文して」「なにか音楽を流して」など当初はごく限られていた。ところが、外部サービスなどとの提携もあって、この「音声だけでできること」がこの1年余りの間に約300種類まで増えたという。

 なお、Alexaは「Fire TV」にも組み込まれて、コンテンツの検索などに使われているそうだが、FireTV経由で連携する照明や空調の制御までできるかどうかというのはよく分からない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算