編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

ウェブページ読み込み速度上位はアマゾンなど--ラドウェア調査

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-29 12:08

 Radwareが実施した調査によると、ウェブユーザーの半数近くはサイトの読み込みが2秒以下で完了することを当然のこととして期待しているという。3秒経っても読み込みが完了しなければ、そうしたユーザーは別のサイトへ移動する。AkamaiとGomez.comが実施した調査によると、ウェブサイトのパフォーマンスに関連する問題に遭遇したEコマースサイトユーザーの79%は、そのサイトに再度アクセスして買い物をすることはないと述べた。44%はパフォーマンスの悪いサイトを避けるよう友達に伝えると話した。

 高速なウェブサイトの方が大きな利益を上げられることを一部の企業は理解している。Radwareの調査で最も高速なウェブサイトが紹介されている。ただし残念ながら、最も高速なサイトでも十分な速さではないことも多い。

 「Radware's Multi-Industry Web Performance 2016 State of the Union - Desktop Edition」(さまざまな業界のウェブパフォーマンスに関するRadwareの2016年一般教書 - デスクトップ版)の中で、同社はEコマース、ニュース&メディア、スポーツ、旅行&ホスピタリティの4つの業界に注目した。これらの業界は、ウェブサイトに利益を依存する度合いが特に高い。

 全体的に見ると、予想通りEコマースサイトが最も高速だった。しかし、だからといって、顧客を幸せにできるだけの速さを提供しているわけではない。Radwareの調査結果によると、「操作開始時間」(TTI)は平均3.1秒で、ユーザーの期待する3秒にわずかに及ばなかったという。TTIが3秒以下のウェブページはわずか24%だった。

 ロード時間(ページ上のすべてのアイテムを読み込むのに要する時間)はTTIほど重要ではない。例えば、Amazon.comのロード時間は10.569秒だが、TTIは1.8秒だ。Amazonが米国で最も成功しているEコマースサイトであることを疑う者はいない。

 実際に、Radwareの調査結果では、Amazon.comは2番目に高速なEコマースサイトである。Amazon.comより速いのは、eBayが所有するブラジルのオンラインマーケットプレイス「Mercado Livre」だけだ。上位に入ったほかのサイトも、IKEAを除けば、AmazonとeBayの関連サイトばかりである。

 ニュース&メディアサイトに関しては、それらのサイトのコンテンツを消費者は商品とみなしているが、サブスクリプション料金は絶対に払いたくないと考えている。最も高速なメディアサイトのトップ5を上位から順に紹介すると、「Google News」、The Guardian、ロシアの「Yandex」ニュース、ポーランドのニュースサイト「Onet」、インドのニュースサイト「Rediff」だ。

 上位のニュース&メディアサイトは概して、TTIの中央値が4.1秒という芳しくない結果だった。TTIが3秒以下のウェブページはわずか22%だった。

 スポーツサイトの結果はさらに悪く、TTIが3秒以下のサイトはわずか6%で、34%は少なくともロードするのに目標値である3秒の倍の時間を要している。TTIの中央値は5.2秒。

 旅行サイトは、Eコマースサイトと同様に速い結果が出る傾向があった。もっとも高速なサイトはBabtで、Priceline.com、Hotels.com、British Airways、Deltaが続く。

 もっとも高速な旅行サイトでも十分に速くはない。TTIの中央値は4.1秒で、28%のサイトが(ユーザーの期待する数字である)3秒の倍の時間となった。共通する問題点は、JavaScriptの利用が非効率であることのようだ。


提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]