ランサムウェア

ランサムウェア「WannaCry」の被害、国内の状況は錯綜

ZDNet Japan Staff 2017年05月15日 16時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランサムウェア「WannaCry」(別名:WannaCrypt、WannaCryptor、Wcryなど)によるとみられる大規模な被害が5月12日に明るみなった。国内では週末に差し掛かったことから、週明けとなる15日の大規模被害が懸念されたが、実態についての情報が錯綜している。

 情報処理推進機構(IPA)では15日午前9時から正午までの3時間に26件のランサムウェアに関する相談が寄せられた。このうち被害が遭ったというものは9件。IPAでは、通常は1カ月間に寄せられる件数が10件前後といい、WannaCryの脅威が世界的に報じられたことで、相談件数が急増したようだ。

 しかし、これらの相談が実際にWannaCryを原因とするものかは不明という。相談者の多くが感染時の詳しい状況を把握できず、相談者の中には、WannaCry以外のランサムウェアに感染しているケースもあるとIPAではみている。

 ラックによると、同社が監視している2社の顧客企業のネットワークで、12日からWannaCryによるとみられる不審な通信が断続的に検知されている。感染ホストは2社合計で百数十台規模になるといい、初期にWannaCryへ感染した端末から、ネットワークに接続された他のコンピュータに感染拡大を狙う活動を展開されているもようだ。

 一方、トレンドマイクロでは12日早朝から13日早朝にかけての24時間で、数百件のWannaCryが検出されたとしている。

 PwCサイバーサービスによると、WannaCry問題が大きく報じられた直後に、国内企業から万一の被害に備えた対応支援の要請が相次ぐ。サイバーセキュリティ研究所所長で上席研究員の神薗雅紀氏は、「初期侵入の手口は、他の攻撃と同様にメールなどが想定されるが、WannaCryは侵入後に脆弱性を突いて感染を広げるワームのような特徴がある」と解説する。

 ランサムウェア攻撃は無差別に展開されるケースが一般的であるものの、「過去には標的型攻撃を仕掛ける組織のサブグループが実施したケースもあり、攻撃者の狙いなどの解析を進めている」(神薗氏)という。

 一部報道では、国内では日立製作所やJR東日本などで感染が見つかったとされている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算