編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

「大きな充実感」を持つCIOは39%--影響力アップ、取締役会で発言も

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-30 06:30

 クラウドプロジェクトや自動化プロジェクトで、IT責任者の影響力が高まっている。


「最高情報責任者(CIO)が出世していく素晴らしいチャンスが存在する。デジタルリーダーたちが取締役会に呼ばれて、変化について話すようになっている」
提供:Przemyslaw Koch, Getty Images/iStockphoto

 人材紹介などを手掛けるHarvey Nashとコンサルティング会社のKPMGがまとめた調査結果「CIO Survey 2017」によると、テクノロジ部門の最高幹部陣の影響力は従来のIT部門を超えて、より広範なビジネスまで拡大しているという。

 世界の4498人の最高情報責任者(CIO)を対象としたこの調査によると、全社的なデジタル戦略を持つ組織の割合は、わずか2年間で52%増加したという。89%ものCIOが革新への投資を維持、または拡大している。

 こうしたデジタル戦略への取り組みの焦点は依然として、テクノロジを通して長期的な事業成長を実現するための基盤の構築が中心になっている。例えば、半数以上(52%)のデジタルリーダーは、自らの組織の革新と適応に役立つ俊敏なテクノロジプラットフォームに投資している。

 したがって、CIOは最前線でプロジェクトに取り組むというより、新しいシステムやサービスが利用可能になるたびに、自らの組織がそれらを利用できるように支援している。このために、ビジネスモデルの「Uber化」を示す兆候はあまりないようだとJonathan Mitchell氏は述べる。Mitchell氏は元ITリーダーで、現在はHarvey NashでグローバルCIOプラクティス担当の非業務執行取締役を務めている。

 何かを急激に変えるのではなく、CIOは自らの組織が技術革新を最大限に利用し、容認できるレベルの実験ができるように支援している。早期に失敗することを恐れるなと何年も言われ続けたことで、今のCIOは慎重ではありつつもリスクを歓迎しているようだ。「『ノー』と言うことを好む組織はなくなりつつある」とMitchell氏は述べる。

 肯定的な態度は大きな威力を発揮するので、約5人に1人(18%)のCIOが、自社に「非常に効果的」なデジタル戦略があると回答している。これらのITリーダー(ITに対応した事業革新の先頭に立っているとみなすべき人々)は2つの重要な分野、つまりクラウドコンピューティングとさまざまな事業機能の自動化に関して提案をすることが多い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]