編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

アップル、企業への「iOS」普及に向けアクセンチュアと提携

Larry Dignan (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-08-30 10:17

 Appleは、Accentureとの提携を通じて、「iOS」を法人に定着させる取り組みを強化する。大手システムインテグレーターでコンサルティング企業のAccentureは、デジタル変革プロジェクトに注力している。

 iOSに関するIBMやSAPとの提携と合わせると、デジタル変革分野において技術を展開している各社とともに、Appleが法人層への事業拡大を目指しているのは明らかだ。

 AppleとAccentureの提携では、Accentureが同社のDigital Studio部門でiOS専用のプラクティスを開発する。両社が最初に注力する分野は、顧客との関わり方とデジタル変革が中心になる。

 そうしたiOS専用のプラクティスにあたり、AccentureとAppleは世界各地のAccenture Digital Studiosに専門家を配置する。両社が目指すのは、ツールとサービスを立ち上げることだ。Accentureがサービスと変革の業務を担い、Appleが法人への「iPhone」と「iPad」の投入を増やすというわけだ。専門家たちは、データ、ユーザー体験、ハードウェアとソフトウェアの設計に注力することになる。

 Appleにとって、このAccentureとの提携は、バックエンドシステムへの進出を拡大し、IBM、SAP、Cisco Systemsとの提携で培ってきたことを生かす方策でもある。Appleはまた、モノのインターネット(IoT)に関する新サービスとiOSアプリとのデータ連携によって、IoT市場への足掛かりも得ることになる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]