編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Slack、「Shared Channels」リリース--外部企業との協業が容易に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-13 11:30

 Slackは米国時間9月12日、「Shared Channels」(共有チャンネル)と呼ばれる機能をリリースした。共有チャンネルは、組織外部の共同作業メンバーと連携しやすくするための機能だ。さらにSlackは、国際的な普及を目指して、フランス語、ドイツ語、スペイン語にも対応した。

 最近は、ほかのチームマネジメントソフトウェアに関する発表も相次いでいる。例えば9月11日には、「Microsoft Teams」にゲストアクセスの機能が追加された。また先週には、オーストラリアのコラボレーションソフトウェア企業Atlassianが、タスク管理機能を搭載し、集中が必要な作業をする時には一時的にコミュニケーションから離脱できるモードを持つチームマネジメントツール、「Stride」を発表している。

 Slackのプロダクト責任者であるPaul Rosania氏によれば、共有チャンネルはこれまでもっとも要望が多かった機能だという。これはほとんどの企業に、外部の企業やパートナーとチームを統合するニーズがあるためだ。「営業マネージャーらを通じて多くの声が寄せられており、利用シーンなどについても話を聞いている」とRosania氏は述べている。「今後顧客がこの機能をどのように利用するか楽しみだ」

Slack

 Slackはエンタープライズ市場で普及が進んでいる。週間アクティブユーザー数は900万人以上、日間アクティブユーザー数は600万人以上となっている。また、顧客全体の55%を米国外のユーザーが占めている。課金ユーザーは200万人で、年間経常売上高も2億ドルを超えた。

 Slackの共有チャンネル機能を利用すれば、共同作業のための共有スペースを作成でき、管理者による管理もしやすくなる。共有チャンネルでは、メッセージの投稿や通話機能の利用、ダイレクトメッセージの送信などが行える。またこれらのチャンネルは、既存のワークスペース内からも利用できる。共有チャンネル機能はベータ版であり、利用するには管理者が明示的に選択する必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]