編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

DDoS攻撃と引き換えに金銭要求--脅迫メールに注意

ZDNet Japan Staff

2017-09-21 16:45

 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月21日、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃をしない代わりに金銭を要求する脅迫メールが国内に出回っているとして注意を呼び掛けた。

 脅迫メールは19日頃から出回り、「Phantom Squad」を名乗る攻撃グループによるものという。文面ではDDoS攻撃を停止する交換条件として金銭の支払いを要求する。6月にも「Armada Collective」を名乗る同様のメールが出回ったものの、あて先や対象が直接指定されていない点が異なり、今回は広い範囲に送付されている。

 国内では、14日頃からFXサイトや仮想通貨サイトに対するDDoS攻撃が相次いで発生していた。JPCERT/CCは、この攻撃者がPhantom Squadという情報はなく、脅迫メールとの関連性は不明だとしている。

 また、「脅迫メールを受け取るなどの事態に備えて、平時からネットワークやサーバについてDDoS攻撃発生時の対応体制を点検してほしい」とし、特にサーバやルータなどDDoS攻撃の踏み台にされやすい機器での対応を促している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]