編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Facebook、オープンソースのAIフレームワーク「PyTorch 1.0」を公開へ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-07 14:03

 Facebookがディープラーニングフレームワーク「PyTorch」をオープンソース化する。

 先週Facecbookが発表した「PyTorch 1.0」では、開発者は単一のフレームワーク内で研究段階から本番環境へシームレスに移行できるようになる。PyTorch 1.0は、研究開発に適したPyTorchの機能に「Caffe2」や「ONNX」の本番対応に適したモジュール機能が統合される。

 Facebookは既にこの統合フレームワークを自社で利用している。PyTorch 1.0の基礎をなすテクノロジは、Facebookの多くの製品のAIを支えている。

 PyTorch 1.0では、命令型実行モードと宣言型実行モードの間をシームレスに移行するハイブリッドフロントエンドを通して、開発者は迅速なテストとパフォーマンスの最適化の両方を行うことができる。Facebookによると、PyTorchの命令型のフロントエンドは、柔軟で生産的なプログラミングモデルを通して、より迅速なプロトタイピングと実験を可能にするという。

 PyTorchの最初のバージョンは1年以上前にリリースされた。現行では、PyTorchからCaffe2に移行して本番環境に移すには、手動のプロセスを必要とする。このために時間がかかり、エラーも生じやすい。

 Facebookは「Translate」の構築と実装にPyTorchとCaffe2、ONNXを使用した。これはFacebook上での機械翻訳に使用されるAIツールになっている。

 これら3種類のツールの組み合わせは効果的だが、複雑で時間のかかる手動の手順は依然として残っていた。PyTorch 1.0では即時モードとグラフ実行モードの融合が実現されるという。

 PyTorch 1.0は今後、開発者に「Python」の最適化やPythonからの移行でコード全体の書き直しを強いるのではなく、ハイブリッドフロントエンドを提供して、プロトタイピング用の即時モードと本番用のグラフ実行モードの間でほとんどのコードをシームレスに共有できるようにする予定だ。

 PyTorch 1.0は数カ月以内にベータ版として提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]