編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、「Apache Spark」向け「Kubernetes Operator」のベータ版リリースを発表

Andrew Brust (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-01-31 12:12

 「Apache Spark」は、データエンジニアリングや機械学習のワークロード用の非常に人気が高い実行フレームワークだ。Databricksのプラットフォームに利用され、「Azure HDInsight」「Amazon EMR」「Google Cloud Dataproc」など、オンプレミスとクラウドベースの両方の「Hadoop」サービスで利用できる。また、「Mesos」クラスタでも実行できる。

 だが、Mesosを使わず、「Hadoop YARN」の文字列を付加することなしに「Kubernetres」(k8s)クラスタでSparkのワークロードを実行したい場合はどうなのだろうか?Sparkはまず、バージョン2.3のリリースでKubernetes固有の機能を追加し、バージョン2.4でそれを改善したが、完全に統合された方法で、Sparkをk8sでネイティブで実行させるのは、まだ難しい場合がある。

Kubernetes Operator

 Kubernetesの開発元であるGoogleは米国時間1月30日、Apache Spark向け「Kubernetes Operator」(略して「Spark Operator」)のベータ版リリースを発表した。Spark Operatorは、Sparkがk8sクラスタでネイティブに稼働できるようにし、分析用、データエンジニアリング用、機械学習用のSparkアプリケーションを、Sparkのインスタンスと同じように、これらのクラスタにデプロイできる。

提供:Google
提供:Google

 Googleによると、Spark Operatorは、Sparkアプリケーションの宣言的仕様にカスタムリソースを使用するKubernetesカスタムコントローラだ。自動再起動やCronを使って実行時間を指定されたアプリケーションもサポートしている。また、開発者やデータエンジニア、データサイエンティストは、Sparkアプリケーションを記述する宣言的仕様を作成したり、アプリケーションを管理するためにネイティブのKubernetesツール(「kubectl」など)を利用したりできる。

30日にリリース

 Spark Operatorは、「Google Kubernetes Engine」(GKE)に簡単にデプロイできるように、「Google Click to Deploy」コンテナの形で、Kubernetes用「Google Cloud Platform(GCP)Marketplace」から入手できる。だが、Spark Operatorはオープンソースプロジェクトなので、どのようなKubernetes環境にもデプロイでき、同プロジェクトのGitHubサイトでは、「Helm」のチャートを使ったコマンドラインによるインストール手順を提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]