編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

CEOが自社の最優先課題としているものとは?--ガートナー調査

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-05-20 06:30

 最高経営責任者(CEO)や上級幹部は自社の成長見通しをより気にかけるようになってきており、生産性を向上させるとともに、コストを削減するための武器としてのテクノロジーに目を向けるようになってきている。これがGartnerの調査結果によって浮き彫りにされた現状だ。


 GartnerはCEOと上級幹部、あわせて473人を対象として、2019年と2020年における企業のテクノロジー計画に関する調査を実施した。その結果、自社の成長を最優先課題に据えているとした回答者は53%だった(前年は40%)。コスト管理も優先順位という点でランクを上げている。

 ここで、CEOが自社の優先課題として挙げたものを概説したい。

 以下は今回の調査で得られた重要な知見だ。

  • CEOの23%は貿易戦争によって自社の業務に重大な影響が及んでいるとしている。
  • この他に、貿易戦争について懸念しているCEOもいる(58%)。
  • CEOの82%はデジタルビジネスやデジタル変革の取り組みを実施してきている。
  • CEOの27%はコスト管理やコスト統制の手段としてテクノロジーを捉えている。
  • 生産性向上のための手段を問う質問では、上位2つのうちの1つにテクノロジーが挙げられている(47%)。
  • 最も伸ばすべき組織の能力としてCEOが挙げたのは、人材管理(18%)、テクノロジーの活用とデジタル化(17%)、データ管理(15%)だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]